« 【料理】9/30〜10/6のメニュー | トップページ | 【料理】10/7〜10/14のメニュー »

2014年10月 8日 (水)

【振り返り】プー太郎として過ごした半年について

次の就職先決まったし、ここらで一旦この半年間の出来事を振り返ってみようと思う。
時系列順に一つ一つ書いてって最後にまとめを書こうかな。

※これ個人的に振り返りたいだけであって、この記事を読む人のことを一切考えないから、自分に興味が無い人は見ないことをおすすめしとく。(まぁ料理とかの記事にも同じことが言えるんだけどね)

①豊田→大分まで一人で運転して無事に帰った
これは前の会社辞めたすぐ後の出来事だな。
車を親にあげることになったから頑張って乗って帰った。
結局12時間くらいで帰れたんだっけな。エナジードリンクを何本飲んだことやら…。
きつかったけど無事に帰れて良かったな。
この出来事って実は自分の中で地味に大きいことなんだよね。
一人だと危険予知にしろ休憩のタイミング見計らうにしろ全部自分でやりつつ運転しないといけないんだけど、その変をちゃんと自分でうまくできたってことで、ちょっとした自信に繋がったかなと思う。

②前の会社の先輩の引退
これは5月初めの出来事だな。
長年お世話になった先輩が辞めるってことで、名古屋の送別会に呼ばれた。
いやぁ先輩が転職するって聞いた時はびっくりしたなぁ。
自分とほぼ同じタイミングだったから、自分と先輩が同時に抜けたら残された人たち大変になるだろうなぁと思ってたら、やっぱり大変になってたらしく、その送別会の場で結構いろいろ言われたなぁw
まぁでもなんだかんだうまくいってるみたいで安心してる。(最近聞いた)
この送別会の最後で先輩にありがとうって言われた時は感動したなぁ。

③タイ旅行
これは5月末の出来事だな。
前の会社の上司達(4人)と一緒に3泊4日くらいで行った。
良かった点は物価が全体的に日本の1/3くらいの値段で買えることと、タイ式マッサージがすごく気持ち良かったことやな。
あとは観光でいろいろ有名なとこ行ったけど、特に感動するものはなかったかなぁ。
ご飯も結構高級で有名っぽいとこに行ったけど、そんなに美味しいとは感じなかったなぁ。というか基本的にパクチーってのが入ってて、それが個人的に嫌いすぎて無理だった。
夜の町にも毎日連れて行かれたけど、やっぱああいうのは自分には合わないなぁと思った。
でも上司達との会話とかはすごく楽しかったし、日本の素晴らしさを再認識できたという点ですごく行ってよかったと思ってる。

④ユニティちゃんゲームジャムに参加
6月中旬の出来事だな。
これは別の記事で書いてるから基本的にそっち見ればいいや。(http://omomukigadaiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/unity-c90c.html
まぁでも今振り返ってもこのイベントには参加して良かったと思ってる。
「あ、自分ってチーム開発の一員として役に立つレベルの技量を持ってんだな」っていう自信が持てるきっかけになったな。

⑤はらぺこナネットさんの作成
これは6月中旬〜7月中旬の1ヶ月で作ったAndroid用アプリだ。
これも別の記事で書いてるから基本的にそっち見ればいいや。(http://omomukigadaiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/unityandroid-20.html
このゲーム今のとこ広告料で531円入ってきてる。(でも1万円からじゃないと換金できないから実質意味無い)
ぶっちゃけ思ったよりも広告料入ってきてるし、思ったよりもダウンロードされてて嬉しい。
評価で☆4がついた時はちょっと嬉しかったな。(一つしかつけれらてないけど)
てかこのゲームダウンロードしてるのってどんな人たちなんだろ。やっぱ水樹奈々さんのファンとかなのかな。

⑥姉ちゃんの子供が生まれたので大分に帰った
これは7月中旬くらいだな。
無事に生まれた良かったと思う。
赤ちゃんってかわいいとは思うんだけど、どう接して良いかわかんないんだよなぁ。
泣かれても困るし、あんまり抱きたいとか触れたいとは思わないんだよね。
眺めていたいってのが一番適切な表現かもしれない。
なんかこう書くといい父親になれない気がするな…。
とりあえずかわいいとは思った。

⑦明日のベアの作成
これは7月末〜8月末の1ヶ月くらいで、4人チームで作ったAndroid用アプリだ。
これも別の記事で書いてるから基本的にそっち見ればいいや。(http://omomukigadaiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/unityandroid-7a.html
このゲーム開発とはらぺこナネットさんの開発を通じて、自分はただの1プログラマーではなくディレクターになりたい(というか向いてる)のかな?って思った。

⑧ハローワークの手続きとかセミナーとか
8月に2つセミナー受けたからここに書いてる。
実際は4月にプー太郎になった時からちょいちょい申請とかでちゃんとハロワに行ってたよ。
年金とか健康保険とかその他各種申請とか必要で、プー太郎になるのも地味に大変だなぁって思った。
ゲーム開発が求職活動の一環として認められなかったから、致し方なくセミナーに参加した。(そうしないと給食手当が貰えなかった)
結果だけ見ると、すごく求職活動として役に立った行為なのにね。

⑨結婚式の余興
これは9月頭の出来事だな。
前の会社の時によくフットサル行ったりご飯食べ行ったりしてた友人の結婚式だ。
花嫁当てゲーム(新郎が目隠しをして5人の中から本当の花嫁を当てるゲーム)をしたんだけど、会場の下見とか事前打ち合わせで1回豊田に行ったりして大変だったなぁ。
できればもう余興はしたくないなぁ。てか結婚式自体疲れるしあんま参加したくないなぁ。
とりあえず自分がいつか結婚式をする時には余興は無いようにしようと思った。

⑩誕生日会
これは9/19の自分の誕生日を友人が祝ってくれたやつだ。
正確にはその友人はめんどくさがりだから、その彼女が企画してくれたやつらしいけどw
まぁなんにせよ嬉しかったな。
自分もめんどくさがりだから、他の人の誕生日とかほとんど祝わないんだけど、ちょっと考え直した方がいいかもしれないと思った。
そう言えばこの友人はそう遠くないうちに結婚しそう的なことを言っててちょっと悔しくなったな。

⑪就活
9月の中旬〜下旬にかけての出来事だな。
「多少難易度高くても自分が行きたい所」から順に受けてくつもりで、11月までにはどこかに内定貰おうと思ってたんだけど、まさかの1社目で決まってびっくりした。
個人的にはなんで内定貰えたのか謎レベルの面接内容だったんだけどなぁ…。(面接内容すごく書きたいけどあまり書くとよくないっぽいので書かない)
あともう1社受けてたんだけど、そっちは書類選考で落ちたから、もうその会社に行くことに決めた。
そんな訳で、10/16に無事に社会人復帰することが決まった。

⑫筑波の友人とこに遊びに行った
5、6、7、9月の4回遊びに行ったな。
この友人はバイクに乗ってて、結構ツーリングでいろいろ連れてってくれて楽しかったな。
あと毎回恒例のゲームクリアするまでやるぜイベントで「ICO」「ワンダと巨像」「rain」「魔女と百騎兵」をやったのはいい思い出だ。
全部面白かったな。
筑波は適度に田舎な所で個人的には結構好きだな。

⑬ロボゲーの作成
これは4月から今現在までずっとやってることだな。
当初出店予定だったコミケに落ちてショック受けたりしたけど、結局11/16にデジゲー博ってイベントで展示することになったから、それに向けて今追い込みにかかってるとこ。
やっぱ時間かけて作ってるだけあって、すごく面白いものができてると思う。
最近は自分はOculus周りをやってるんだけど、ちゃんとOculusで見て臨場感がでるようになってきてて嬉しい。

まぁでもロボゲーについて語るなら、やっぱ一緒に開発してるメンバー(この記事で言う筑波の人と誕生日祝ってくれた人)への感謝が一番でかいかな。
プログラミング技術はもちろんのこと、設計に関する知識やデザイン力、さらには各種ツールについての知識も全部自分より優れてたから、一緒に開発しててすごく勉強になった。
ほんとにこの人たちと開発してなかったら、今回内定貰えた会社に普通に内定貰えなかったと思う。
あと開発してて楽しかったってのもでかいな。
周一でミーティングしてるんだけど、それまでに各自割り振られてた課題を片付けてきて、それらを合わせたもので試遊するってのがなかなか良かった。
週を重ねるごとにどんどん面白くなっていってる感じとか、ミスってる人をいじったりするのが楽しかった。

あと今回の開発は全員が全員何でもやる(プログラマーとかデザイナーとか明確に分けない)って方針でやることで、お互いに気楽に意見が言い合えるし、誰でも修正できるから誰が修正してもいいって感じにできたのがすごく良かったと思う。
なんというか、開発してる感がすごく出てて開発意欲があまり下がったりしなかったなぁ。

まぁまだ11/16までは少なくともやるから、振り返るにはちょっと早かったかもしんないけどw


半年間のうちにあった大きな出来事はそのくらいかな。
ちょっと疲れてきちゃったし、この半年で学んだことを簡単にまとめると、「好きなことなら結構壁を乗り越えられる」ってことと「ちゃんと方向性定めて前向いて動いてたらそれなりの結果は出る」ってことを学んだかな。

まぁこれ当たり前のことかもしんないんだけど、少なくとも自分には驚きだったな。
ゲーム作ってるとやっぱどうしても問題にぶち当たったりするんだけど、そのゲームを自分がどうしても作りたかった場合、1日使ってでもずっとその解決策について考え続けたり調べたりするんだよね。
そうしたら結構突破口って見つかるもんで、そんなことを繰り返せばゲームできちゃった的な感じで作れるんだなぁって知った。
これたぶん嫌々やってることだったら問題にぶち当たった時点で諦めるか、解決策について考えるフリをしたりしちゃうんだろうなぁと思った。(前の会社にいた時の自分は結構こういうことがあった)

あと今回就活に成功したってのがゲーム開発してたことの一つの結果ではあるんだけど、それ以外にも、友人から思わぬイベント情報が聞けたりだとか、開発者仲間に出会ったりとか、その方面に関する何かしらの結果は出るもんだなぁと思った。


よし、こんな感じでいいかな。
本当に最後にまとめると、この半年は最高に楽しかった。
ほぼ毎日が充実感に満ちてたと思う。
一度社会人をやめることによって、会社で働くってことの意味とかを見直すいい機会にもなったな。(てか辞めてから上司とかの言ってたことの本質が分かったりした)
家族には心配かけたと思うけど、暖かく見守ってくれたことにはほんと感謝してる。
これからも頑張ってくよ。


あと社会人復帰するからといって、特にブログを辞める予定は無い。
まぁ更新頻度は減るだろうけどね。

« 【料理】9/30〜10/6のメニュー | トップページ | 【料理】10/7〜10/14のメニュー »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2037156/57609576

この記事へのトラックバック一覧です: 【振り返り】プー太郎として過ごした半年について:

« 【料理】9/30〜10/6のメニュー | トップページ | 【料理】10/7〜10/14のメニュー »